/

この記事は会員限定です

忠犬タマ公に恩返し 2度の雪崩から飼い主救う

委員会立ち上げ紙芝居制作、出前授業も 伊藤和幸

[有料会員限定]

忠犬といえばハチ公が有名だが、新潟には飼い主の命を2度も助けた「タマ公」という犬がいた。小柄な雌の越後柴犬のタマは、雪崩に巻き込まれた飼い主の刈田吉太郎を必死に助けた。吉太郎のひ孫にあたる私は、この物語を後世に残したいと「忠犬タマ公委員会」を立ち上げた。

タマは1920年代の終わりごろ、現在の新潟県五泉市村松地区で生まれた。猟師である吉太郎に引き取られてからは、どこへ出かけるときも一緒で、深い絆で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1193文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン