/

この記事は会員限定です

モデルの一生(2) 藤島武二「芳●(くさかんむりに惠)」

作家 山内マリコ

[有料会員限定]

責め絵の伊藤晴雨、大正美人画の竹久夢二、西洋画の巨匠・藤島武二。彼らは同じ、1人のモデルを描いた。

秋田県出身の佐々木カ子ヨ(かねよ)は、母とともに東京に出ると12歳でスカウトされる。アイドルのデビュー秘話のようだが、声をかけたのは美術学校の教員の妻。裸体を晒(さら)す美術モデルは偏見の対象で不足していた。

大正8年、夢二と出会う。自分が描く美人画から抜け出たようなカ子ヨの容姿に、夢二も驚いたそう...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り338文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン