/

この記事は会員限定です

江戸の正月飾り「飾り伊勢海老」の長寿守る

千葉・鴨川の鮮魚店 ただ一人の職人に 原田尚佳

[有料会員限定]

健康長寿を象徴する縁起物の伊勢エビは、おせち料理だけでなく、正月飾りでも抜群の存在感を誇る。本物のエビを使った「飾り伊勢海老」は江戸時代から続く伝統工芸品。私は唯一の職人だ。

1949年に創業し、現在は父の裕光が営む「いずみや鮮魚店」は伊勢エビ産地の千葉県鴨川市にある。小売りと仲卸の店で、もともと飾りを作っていたわけではない。

浅草など東京の下町では、昔から正月飾りはとび職の人が作る。その一部とし...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1211文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン