/

この記事は会員限定です

永続的な仕組みを模索 勃興するギグエコノミー

宮永博史 東京理科大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○フリーランス型は安全網の欠如が課題に
○社外の副業は社員のスキル向上に寄与も
○副業効果を経営者が評価できるかがカギ

コロナ禍の中で再注目されているビジネスモデルにギグエコノミーがある。「ギグ」とはもともと音楽業界の用語で、その場限りの単発ライブを指す。そこから「ネットを通して単発仕事を請け負う」ビジネスモデルをギグエコノミー、そうした働き方をする人をギグワーカーと呼ぶようになった。最近ウーバ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2596文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン