/

AI 4つのあるべき未来

SmartTimes 大阪大学教授 栄藤稔氏

NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞日経産業新聞 Smart Times

コミュニケーションサービスを手がけるLINEには「AIカンパニー」と呼ばれる人工知能(AI)技術を実用化する部門がある。この部門が11月25日、今後の研究開発の方向性と目指すゴールを「R&Dビジョン」として発表した。私はLINEの技術顧問としてこのR&Dビジョンの策定に関わった。その意義を説明したい。

1985年松下電器産業(現パナソニック)入社。国際電気通信技術研究所、NTTドコモ・シリコンバレー拠点長、研究開発担当の執行役員を経て2017年7月から大阪大学教授。

R&Dビジョンは今後5年間、AIがどのように発展すべきかを4つの技術コンセプトで示した。その4つとは「個人のデジタル化」、「生成するAI」、「信頼できるAI」、「ダークデータ」である。情報サービスは利用する時、本人確認が重要になっている。個人の生体情報が安全に記録・管理されているなら、表情、声、しぐさ、質問応答からより簡単に本人確認ができるようになる。その上で個人の体調や医療診断記録も利用できれば、より個人に最適化したヘルスケアが可能になる。「個人のデジタル化」は個人に福音をもたらす技術開発の方向性を示している。

「生成するAI」は音声を聴いて文章にする、文章を読んで対応する画像を自動合成するといった音声・映像・文章などの情報を相互に関連づけるAIが進歩する技術を意味する。例えば言葉から映像を自由に作ることができる。これからのAIは映画でもないゲームでもない新しい娯楽コンテンツを作るだけでなく、教育コンテンツを別モノにする破壊力を持つ。

シナリオを書いて実際にはなかった映像を生成する時、開発者は「信頼できるAI」を実現することが必須となる。AIの進化に伴ってプライバシーとデータのガバナンス、結果が妥当性について明快に説明できることが必須となる。さらに、データ自体の信頼性に関わる問題にも対処しなければならない。

4番目の技術コンセプトが「ダークデータ」。ビッグデータという言葉が生まれて10年近くになるが、我々はまだ使えるデータの10%も使っていないと言われている。紙のままの書誌、使われていないマニュアル、退蔵された議事録、メイル、大量のインターネットコンテンツ、コンピュータの操作ログ、工場設備の運転記録などだ。ここで「ダーク」とは悪い意味ではなく、これまで日が当たらなかったという意味だ。ダークデータの利活用とは、世界の全ての文書を入力して、それらを一般常識、業界知識、各社のノウハウ、個人のスキルとしてAIに取り込むことを意味する。教育、金融、法律、医療などのサービス事業に大きなインパクトを与えるだろう。

ここで示した4つのAIの技術コンセプトは個人にデジタル化の恩恵をもたらし、心を潤す新しいメディアを登場させ、各産業における知識の扱い方を変えていくだろう。5年後にAIが見せる景色は今とは大きく違うものになる。

[日経産業新聞2020年12月25日付]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン