/

この記事は会員限定です

GoTo事業の是非 利用者、リスク受容高い傾向

山本清 鎌倉女子大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○十分な需要喚起効果と感染予防策が必須
○利用者は非利用者より外出抑制意識低く
○感染拡大に寄与する可能性否定しきれず

政府は観光需要喚起策の「Go Toトラベル」を12月28日から1月11日まで全国一斉に一時中止することを決めた。外食需要喚起策の「Go Toイート」などを含めたGo To事業は、新型コロナウイルス感染症の収束後の経済対策として予定されていたが、コロナによる景気後退の影響が大きい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2651文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン