/

この記事は会員限定です

ベートーヴェン頌(7) ニコラウス・ラウアー「アントニア・ブレンターノの肖像」

文筆家 高野麻衣

[有料会員限定]

幼い息子を抱き、神秘的な微笑をたたえた母親。聖母子像になぞらえたこの肖像画の女性の名は、アントニア・ブレンターノ。ベートーヴェンの生涯における最大のミステリー、宛先不詳の「不滅の恋人への手紙」の名宛人と目される人物のひとりである。

アントニアは外交官で美術品収集家でもあった父のもと、きわめて文化的な環境で育った。富豪フランツ・ブレンターノと結婚し、4人の子の母となる。息子たちがともに描かれた2人、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り364文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン