/

この記事は会員限定です

債務の罠、長期停滞招く恐れ コロナ危機と財政膨張

細野薫 学習院大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○先進国共通の自然利子率低下に構造要因
○生産性停滞、高齢化、債務増大などが背景
○再分配政策や中小企業成長促進策を急げ

新型コロナウイルスの感染拡大が収まらないなか、景気落ち込みに伴う税収減少、失業・休業に対する給付金の増加、企業金融への支援措置拡大、旅行・観光・飲食の消費喚起策などで財政赤字が増大している。

内閣府は7月末時点で、国と地方を合わせた基礎的財政収支の国内総生産(GDP)比率が、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2652文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン