/

この記事は会員限定です

米、対中で多国間連携を重視 米中分断の行方

森聡 法政大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○米は分野ごとに連合形成し競争路線追求
○国際競争力強化のための国内投資を重視
○日本に防衛費増と連合形成で協力要請も

2021年1月に米国でバイデン政権が発足する見通しとなったのに伴い、トランプ政権下で硬化した対中政策がどのように調整されるのか注目されている。

米国の対中政策は、大統領が自らの政治に関連する合意を中国から引き出すべく「交渉路線」を追求する一方、安全保障官庁や連邦議会が幅広い分...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2661文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン