/

この記事は会員限定です

地銀の未来 どう描く

遠藤俊英氏/鈴木良夫氏/松田清人氏/宇佐川邦子氏

[有料会員限定]

日本経済を元気にする条件の一つが地方の再生であり、それぞれの地域に根ざす地方銀行がそのカギを握る。地元の企業に融資して利ざやを稼ぐビジネスモデルがたちゆかなくなった今、地銀はどんな未来を描いたらよいのか。新しい地銀像と業界再編の行方について、金融庁OBや地銀関係者の見方を聞いた。

◇  ◇  ◇

質を追えば数は減る 前金融庁長官 遠藤俊英氏

「地方銀行の数が多すぎる」という菅義偉首相の就任直前の発言は重大なインパクト、意味があった。数はやはりわ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3776文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン