/

この記事は会員限定です

近代日本の盲教育 資料に刻まれた先人の情熱

点字導入以前の指導法、にじむ工夫と知恵 岸博実

[有料会員限定]

視覚障害のある子どもに何を教え、どう指導するか。近代日本で先人らが情熱を注いだ盲教育の歩みを研究し、資料を集めて20年以上が過ぎた。

日本では中世以来、盲人たちが自治的互助組織「当道座」を組織していた。その本部が置かれた京都市に「京都盲唖(もうあ)院」が開校したのは明治11年(1878年)。翌年に京都府立となった。日本初の公立の特別支援学校だ。創設に尽力し初代院長に就いた古河太四郎は、寄付を募り学...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1217文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン