/

この記事は会員限定です

競争促進へデータ移転活用 巨大ITの独占を考える

石井夏生利 中央大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○EUや豪州でデータ移転の取り組み進む
○中国はデータ開放に逆行する動き見せる
○個人も主体的にデータ流通拡大に関与を

巨大プラットフォーム事業者(PF事業者)の興隆は続いている。2020年10月の世界時価総額ランキングによると、トップ10社のうち6社は米中のPF事業者が占める。米GAFA(グーグルの親会社アルファベット、アップル、フェイスブック、アマゾン・ドット・コム)の4社と中国のアリババ集...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2643文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン