/

この記事は会員限定です

ロシア、中国の衛星国化も アレクサンドル・ガブエフ氏

カーネギー財団モスクワセンターシニアフェロー

[有料会員限定]

ロシアは2014年のクリミア半島の併合後、国際的な孤立の中で中国への傾斜を強めた。もっとも、両国が接近した要因は他にも幾つか挙げられる。

まず軍事的側面がある。中ロは隣国同士で、共に核保有国だ。領土紛争は解決済みだが、互いに軍事的な安全保障を築く必要性があるとみて、軍事協力を進めている。紛争が起き、対立すると極めて危険で、高いコストがかかるからだ。冷戦時代の深刻な中ソ対立の教訓があり、当時への逆戻...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1711文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン