/

この記事は会員限定です

福川伸次(9)官僚たちの夏

特振法 金融界は大反対 再提出も廃案 希望の海外勤務へ

[有料会員限定]

1962年(昭和37年)6月、企業局産業資金課に異動した。当時の局長は佐橋滋氏。前職の重工業局長の時に続き、今度も彼が率いる局で働くことになった。

課長は池田勇人首相が通産大臣当時、秘書官を務めた三宅幸夫氏。この2人は、後に城山三郎の小説「官僚たちの夏」のモデルとなる。通産省が最も燃えていた時代だ。

その折に「特振法騒ぎ」が起きる。特定産業振興臨時措置法の略。企業第一課の両角(もろずみ)良彦課長の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1126文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

福川伸次

元通産次官の福川伸次さんは戦後の通商産業政策に長く携わりました。高度成長やオイルショック、日米貿易摩擦といった歴史の一場面に日本の政治や官僚機構が何を考え、どう対処したのか詳しく語ります。また自民党の激烈な「40日抗争」、初めての衆参同日選、大平正芳首相の急逝など、大平首相の秘書官として目撃した激動の時代の裏側を明かします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン