/

この記事は会員限定です

福川伸次(7)通産省入省

アラ石設立 鉱山局で参画 海外で初めての鉱区取得

[有料会員限定]

1955年(昭和30年)4月、通産省に入った。

入省時に幹部から強調された心構えは2つ。「広い視野でモノを見ろ」。そして「正しいと思ったことは貫け」。我々は日本の産業構造をいかに改革していくかに関心があった。研修を経て、7月に鉱山局に配属になった。

当時、鉱山局、石炭局、鉱山保安局は「資源3局」と言われ、現在は外務省がある場所のバラック建ての臨時庁舎に入っていた。廊下を歩くとミシミシときしむ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1118文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

福川伸次

元通産次官の福川伸次さんは戦後の通商産業政策に長く携わりました。高度成長やオイルショック、日米貿易摩擦といった歴史の一場面に日本の政治や官僚機構が何を考え、どう対処したのか詳しく語ります。また自民党の激烈な「40日抗争」、初めての衆参同日選、大平正芳首相の急逝など、大平首相の秘書官として目撃した激動の時代の裏側を明かします。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン