/

この記事は会員限定です

ドイツ人はなぜヒトラーを選んだのか ベンジャミン・カーター・ヘット著

独の過ちふまえ現代に警鐘

[有料会員限定]

第1次世界大戦後のドイツで成立し、当時世界で最も民主的とも言われたヴァイマル共和国は、いかにして崩壊したのか。なぜヒトラーのような人物が権力を握るにいたったのか。この問いに答えるため、これまで数えきれないほどの書物が積み上げられてきた。

本書は、この古典的な問いに改めて正面から取り組んだものである。背景には、現代世界が「1930年代に酷似している」という著者の危機意識がある。30年代の過ちをわれわ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り732文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン