/

この記事は会員限定です

専門性とスキルの尊重を ジョブ型雇用と日本社会

本田由紀 東京大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○成果主義や解雇が容易という誤解広がる
○学び直しによる不断のアップデート必須
○働く側からの発意生かせる仕組み導入を

「ジョブ型雇用」という言葉を頻繁に目にするようになり、早くから提唱していた者の一人である筆者としては隔世の感がある。その契機となったのは日本経済団体連合会がジョブ型雇用の方針を打ち出したことにある。

2018年11月の提言「Society5.0―ともに創造する未来―」から、20...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2600文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン