/

この記事は会員限定です

メディチ家の至宝(4) 「翡翠の仮面」

阪南大学教授 松本典昭

[有料会員限定]

顔面蒼白(そうはく)ならぬ顔面蒼緑(そうりょく)。ヨーロッパに産しない中米産のヒスイ輝石のただならぬ緑である。中米では翡翠(ひすい)は黄金より貴重で、神や来世に通じる神聖な石だった。

ロレンツォ・デ・メディチの没年(1492年)にコロンブスがスペインから西へ出帆して以来、新大陸から珍奇な外来物がヨーロッパにもたらされた。

初代トスカーナ大公のコジモ1世は1540年、絶対君主の威厳を示すため、メディ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り335文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン