/

この記事は会員限定です

ウチナーの今昔、鮮やかに映す琉球ガラス

3000点収集し歴史と伝統たどる 河西大地

[有料会員限定]

南国沖縄に旅すると、空港や観光地の売店で美しいガラスの器を目にする。真っ青な海のように細かい泡が入ったグラス、さざ波に似たひび模様の酒器――。色鮮やかな花瓶は琉球王朝の文化をイメージさせる。

琉球ガラスは沖縄を代表する伝統的な工芸品の一つだ。県内に工房は約30社ある。近年は厚生労働省が表彰する「現代の名工」を続々と輩出し、今年は8人目の末吉清一氏が選ばれた。

もっとも不思議なことに、日本のガラス工...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1195文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン