/

この記事は会員限定です

企業が主体的に選択を ジョブ型雇用と日本社会

太田肇 同志社大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○労働市場の未発達や企業別労組が障壁に
○多数の中小企業にはジョブ型はなじまず
○厳密な職務分類は変化への柔軟性を欠く

新型コロナウイルス感染症への対策として、わが国でもテレワークが急速な広がりを見せている。ところが、テレワークは日本の雇用システムと相性がよくない。そこでさかんに唱えられるようになったのが、伝統的な「メンバーシップ型」雇用から、欧米で一般的な「ジョブ型」雇用への転換である。

背景...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2520文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン