/

この記事は会員限定です

経営統合の質低下の懸念も 地銀経営の論点

小野有人 中央大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○地銀の銀行数・店舗数、ほとんど変わらず
○経営統合による規模の経済は働きにくく
○大きくてつぶせないと見られると逆効果

地銀再編を巡る動きが活発化している。日銀は経営統合などに踏み切る地域金融機関に対し、日銀当座預金への金利を上乗せする方針を発表した。また政府は、地銀については独占禁止法の寡占禁止規定を時限的に適用除外とする特例法に加え、再編を促す新たな補助金制度の創設を検討していると報じられてい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2635文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン