/

この記事は会員限定です

中島浩一郎氏(31) 日の目をみる木造建築

銘建工業社長 「宝の山」を創り出せ

[有料会員限定]
 東京五輪・パラリンピック会場やその周辺でも集成材やCLT(直交集成板)が注目されている。

メイン会場の国立競技場(東京・新宿)は、高コストが懸念された当初計画が2015年7月に撤回され、木材主体の建築になりました。展開は急でした。

再コンペが実施され、建築家の隈研吾さんと伊東豊雄さんの木材を織り込んだ2案に絞られました。伊東さんは1.5メートル角、長さ約20メートルの柱を72本使う案で、隈案は木...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1014文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の春割実施中!

詳細はこちらから

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン