/

この記事は会員限定です

ワイズカンパニー 野中郁次郎・竹内弘高著

実践知の重要性説く経営論

[有料会員限定]

1980年代から90年代にかけ、本書の著者の一人である野中郁次郎氏が発表する研究は世界中の耳目を集めた。その中の最高傑作が『知識創造企業』だった。同書は日本企業が革新性を発揮する秘密が暗黙知と形式知からなる知識創造にあると喝破した。本書はその姉妹書にあたる。前著が高評価を得たのは野中理論を誰よりも深く理解し英語の表現力にたけた竹内弘高氏を共著者に迎えいれたからだった。

そのペアがほぼ四半世紀の時を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り728文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン