/

この記事は会員限定です

三島由紀夫 佐藤秀明著

半世紀に及ぶ研究 一大集成

[有料会員限定]

三島由紀夫は、分裂的にしか語られてこなかった。その文芸をこまやかに説く者は、天皇観および自決に対して口ごもり、その政治行動を熱っぽく語る者は、文芸の奥行に対して舌足らずになる。三島の〈文芸―天皇―死〉という三項をつないで過不足なく語り、深々とした納得をもたらしてくれる評伝は、残念ながらなかった。

ところが今秋、積年の不満を晴らす2冊の評伝が出た。佐藤秀明の本書と、井上隆史の『暴流(ぼる)の人 三島...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り738文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン