/

この記事は会員限定です

新政権の命運、上院が鍵握る 大統領選後の米国と世界

ケント・カルダー ライシャワー東アジア研究センター所長

[有料会員限定]
ポイント
○民主党が両院で圧勝する「青い波」起きず
○上院も民主支配なら現政権の変革見直し
○政権の行方左右する上院は世界的関心事

2020年の米大統領選と同時に実施された連邦議会選は上下院ともに予想を覆す結果となった。直前の世論調査では、大統領選は民主党のバイデン候補が共和党のトランプ大統領に大差で勝利し、連邦議会選は上下院ともに民主党が優勢で「青い波」が席巻するというものだった。だが実際にはバイデン候...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2646文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン