/

この記事は会員限定です

左右のポピュリズム先鋭化 大統領選後の米国と世界

渡辺靖 慶応義塾大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○トランプ氏は米政治に一定の影響力維持
○政権交代のたびに優先課題の振れ大きく
○新政権が対中強硬路線を修正の可能性も

米国の現職大統領の再選率は約7割に達する。直近のクリントン、ブッシュ、オバマの3氏はいずれも再選を果たしている。今回米国の有権者はトランプ大統領に厳しい判断を下した。

しかし筆者が最も印象的だったのはトランプ氏の強さだ。得票率は47.2%で前回(2016年)を1.1ポイント上回...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2628文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン