/

政権移行チームとは 敗北宣言なき大統領選、作業遅れ

きょうのことば

▼政権移行チーム 米大統領選の投票日から新大統領が就任するまでの政権移行期に、それまでの政権からの業務引き継ぎや新政権の政策・体制の構築を担う組織。次期大統領、副大統領を中心に官民から専門家を集めて構成する。主要な省庁や政府機関の業務を評価し、主要省庁の長官から次官補までの高官を含めた数千人規模の人選を行う。

米大統領選で当選を確実にしたバイデン前副大統領は政権移行チームの名簿を公式サイトで発表した。米CNNによると、約500人のメンバーのうち約半数が非白人で、女性が過半数を占めるという。担当は米商務省、米国防総省、米国土安全保障省(DHS)など機関ごとに割り振られている。

今回のバイデン政権への移行作業はすでに大幅な遅れが生じている。トランプ米大統領が敗北を認めていないためだ。通常の政権移行の流れは、大統領選の対立候補が敗北宣言した直後に政府一般調達局(GSA)局長が勝者を認定する。チームに割り当てられる移行予算がGSAの公式認定を受けるまで使えないなどの理由から、政権移行チームは認定後に作業を本格化するのが通例だ。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経電子版の「アメリカ大統領選挙2020」はアメリカ大統領選挙のニュースを一覧できます。データや分析に基づいて米国の政治、経済、社会などに走る分断の実相に迫りつつ、大統領選の行方を追いかけます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン