/

この記事は会員限定です

朝井まかて「秘密の花壇」(264)

[有料会員限定]

十一章 花々の影 18

天保四年も暮れかかり、歳暮祝儀を持参する者が引きも切らず、日がな慌ただしい。

飯田町の清右衛門(せいえもん)も訪れ、懇(ねんご)ろな挨拶を述べた。

「ん。幸(さき)、次(つぎ)ともども、佳(よ)い年を迎えなさい。そうだ、ついでと申しては何だが、帰りにちと立ち寄ってくれぬか。拝借しておる書籍や画を、年内に返しておきたい」

遣いも快く引き受けてくれ、風呂敷包みを預けた。座敷に戻ると...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り817文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン