/

この記事は会員限定です

春秋

[有料会員限定]

公開中の記録映画「もったいないキッチン」には福島の原発事故で料理への考え方を変えたシェフが登場する。地元産のネギを、ふだんは食べないネギ坊主までドレッシングやピラフに仕立てる。「みんなで考えていくと、捨てる部分が美味(おい)しい料理に変わる」という。

▼期限切れの加工品、傷んだ野菜、そして昆虫食――。食べられるか否かは飽食な社会が恣意的に決めている。ルールの目盛りを少し動かすだけで、深く考えずに捨て...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り372文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン