/

この記事は会員限定です

医療データ活用、議論加速を 医療体制とコスト

小津敦 日本経済研究センター主任研究員/高口鉄平 静岡大学准教授

[有料会員限定]
ポイント
○健康と医療の助言だけで200億円市場
○データ活用は生活の質向上にもつながる
○個人情報の保護と自己決定権が普及の鍵

個人データの円滑な流通や活用が、新たなサービスや産業を誕生させる期待が高まっている。健康・医療系の情報は事業者の関心は高いが厳格な取り扱いが求められるため、利用は進まなかった。しかし社会としてルールを定め正しく使えば、個人と産業にDX(デジタル変革)の恩恵を広くもたらす可能性が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2534文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン