/

この記事は会員限定です

コロナ対策データ基盤に 医療体制とコスト

井伊雅子 一橋大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○コロナ禍初期は医療逼迫は生じなかった
○コロナ対策はメリハリのある財政支援を
○医療資源不足は数量ではなく配置の問題

この冬に新型コロナウイルス感染が拡大した際、医療提供体制の逼迫は回避できるのだろうか。我々、医療関係者や学識経験者ら13人で構成する「コロナ危機下の医療提供体制と医療機関の経営問題についての研究会」は、2020年2~6月の医療体制の実態とボトルネック(制約)をデータで検証し、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2628文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン