/

この記事は会員限定です

規制改革に何が必要か 首相主導でストーリー示せ

大田弘子 政策研究大学院大学特別教授

[有料会員限定]
ポイント
○供給側重視の政策決定が規制改革の障害
○デジタル社会目指すストーリーに共感も
○労働市場改革では政策の組み合わせ重要

菅義偉内閣は規制改革を最優先事項に掲げている。デジタル変革が進む中で、規制改革が遅れる弊害は極めて大きくなっている。今後数年で規制改革が大胆に進むことを期待したい。

規制改革は「進まない」という言葉とセットで語られるが、安倍晋三内閣でも確実に進んだ。農協、酪農、漁業の改革に加え...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2627文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン