/

この記事は会員限定です

民意どう束ねる

庄司香氏/デービッド・ダトウィン氏/坂井豊貴氏

[有料会員限定]

米大統領選は民主党のバイデン前副大統領が接戦を制する一方、共和党のトランプ大統領への支持の根強さも浮き彫りにした。格差の拡大などで深まる社会の分断は米国に限ったことではない。民主主義の根底をなす「民意」の動向をどうつかみ、束ねていけばよいか、識者に聞いた。

◇  ◇  ◇

共存と妥協 空気醸成を 学習院大学教授 庄司香氏

トランプ氏に大統領を続けてほしいか否かという一点に尽きる選挙だった。ぎりぎり...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4024文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経電子版の「アメリカ大統領選挙2020」はアメリカ大統領選挙のニュースを一覧できます。データや分析に基づいて米国の政治、経済、社会などに走る分断の実相に迫りつつ、大統領選の行方を追いかけます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン