/

この記事は会員限定です

環境重視へ動く中銀、新潮流 気候変動と金融

白井さゆり 慶応義塾大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○気候変動リスクの中銀業務への反映検討
○中銀保有資産のグリーン度検証も必要に
○金融政策目標に環境基準加わる可能性も

菅義偉首相は、温暖化ガスの排出量を減らし2050年までに正味ゼロとする目標を打ち出した。欧州はグリーン分野での投資・雇用拡大と成長を促すグリーンリカバリー戦略で先行している。一方、米国ではトランプ大統領は環境問題に背を向けてきたが、自治体や企業が環境保護活動を活発化させている。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2661文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン