/

この記事は会員限定です

柳宗悦が見た美(2) 「陶俑 加彩牛」

日本民藝館学芸員 白土慎太郎

[有料会員限定]

大正末期から昭和初期、清王朝の崩壊に伴い、墳墓の副葬品である陶製の俑(よう)が中国から渡り、日本で鑑賞の対象となり始めた。従来は茶道具が主流だった陶磁器の評価に「鑑賞陶磁」が新たに加わるなど、古美術受容の様相が大きく変化した時代である。

柳には、1916年(大正5年)に中国を訪ねた27歳頃、陶俑に興味を持って集めた形跡があり、先駆的な受容者の一人だったことが窺(うかが)える。雑誌「白樺(しらかば)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り313文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン