/

この記事は会員限定です

資産課税の累進性高めよ コロナ後の税制改革

関口智 立教大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○プラットフォーム企業への適切課税急務
○歳出配分のあり方は税制の累進性に影響
○環境税や外国為替取引税で国際協調探れ

新型コロナウイルスの感染拡大は、あらゆる地域や階層にグローバルな規模で影響を及ぼし、経済・社会・政治的問題を一層顕在化させている。本稿では、デジタル経済活動や所得・資産格差に対処するための税制改革の方向性について、企業段階と個人段階の課税に分けながら論じたい。

企業の段階では、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2633文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン