/

この記事は会員限定です

春秋

[有料会員限定]

歌舞伎には、「やつし」と呼ばれる芸がある。例えば、豪商の若旦那や若殿様が、遊女買いなどにうつつを抜かし、家を放逐される。零落して姿を変え、身をやつした風情を演じる役どころだ。品の良さ(光)と哀れさ(影)を調和させる、懐の深い技量が求められる。

▼江戸時代の上方歌舞伎の名優、坂田藤十郎が得意とした。出世作は、17世紀が初演といわれる「夕霧名残の正月」。実家から勘当される若旦那を演じ、江戸の市川団十郎に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り363文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン