/

「YC」で起業家の道ひらけ

SmartTimes BEENEXT ファウンダー・マネージングパートナー 佐藤輝英氏

NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞日経産業新聞 Smart Times

10月20~22日、日本のスタートアップ向けに、世界最高峰のスタートアップ養成スクールと評される名門ベンチャーキャピタル(VC)「Yコンビネーター(YC)」の公式イベントが開催された。2年前に続き、日本向けの開催は今回で2回目となる。YCは米シリコンバレーで2005年に設立され、以来累計2500社のスタートアップに投資し、企業の合計時価総額は20兆円を超えると言われている。

1997年慶応大総合政策学部卒、ソフトバンク入社。2000年ネットプライス(現BEENOS)社長、同社を上場に導く。15年シンガポールを拠点に起業家支援のBEENEXT設立

最近ではプログラムに参加するスタートアップの40%近くが米国外からの参加だ。最近、インドでユニコーン入りしたレーザーペイというオンライン決済企業や、ナイジェリア最大のオンライン決済企業で米ストライプ社に買収されたペイスタック社もYC卒業生だ。

ストライプ自身もYCの卒業生で、直近の時価総額は実に360億ドルである。他にも人気サービスを展開するデカコーンのエアビーアンドビーやドロップボックスなど、まさに世界を変えるオンラインサービス企業をYCは量産している。最近ではプログラムに参加する企業の領域がさらに広がり、バイオテクノロジーや創薬、宇宙など多様なスタートアップをサポートするようになっている。

半年に一度開催されるこのプログラムには毎回200社程のスタートアップが参加する。狭き門をくぐりYC企業に選出されると、オフィスアワーというYCパートナーから定期的な指導を受けられるセッションに参加できる。YC卒業生しか入れないコミュニティーへの参加も認められ、互いに刺激しあって成長を促す仕組みがこれでもかと揃っている。

そして、3カ月のプログラムの最後に、世界中の投資家に向けて2分間のピッチをする名物のイベントがある。8月はコロナの影響でオンラインでの開催となったが、1000を超える投資家が世界中から参加したとのこと。参加する起業家にとっては、3カ月間徹底的に磨き上げたプロダクトを世界市場へお披露目できる絶好のチャンスとなる。未来を決める2分間のために3カ月を過ごすと言っても過言ではないのだ。

通常はシリコンバレーに拠点を移すことが参加の条件となるが、今年はコロナの影響でプログラムはすべてオンラインで運営されている。日本から参加を目指すスタートアップにとって今は好機だ。今回は京都大学、慶應義塾大学、東京大学、早稲田大学といった日本の大学の協力もあり、YCのパートナー陣とともに大学発イノベーションや起業サポートのシステムについても議論された。

「スタートアップよ、大志を抱け!」と力強いメッセージで締めくくられた今回のYCイベント。変化や課題を機会とし、日本から世界に羽ばたく起業家達の挑戦機運が一段と高まっていくことを願っている。

[日経産業新聞2020年11月16日付]

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の初割実施中!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の初割実施中!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン