/

この記事は会員限定です

マンスキー データ分析と意思決定理論 チャールズ・マンスキー著

政策効果予測に新手法提示

[有料会員限定]

昨今、エビデンス(証拠)に基づく政策立案(EBPM)の重要性が高まっている。しかし予測や測定結果はまちまちで結論の信頼性が得られないものも多い。背景には研究者が正当化できないほど強い仮定を使って研究結果を導出しているという問題がある。疑わしい慣行に注意を喚起し、正当化できない仮定を前提とせず、より信頼できる結論を導く方法を提唱しているのが本書である。

本書の主眼は、原因が結果に与える効果は観察され...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り720文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン