/

この記事は会員限定です

小宮山宏(15)工学部長へ

教育スタイル変革を決意 起業家精神の育成を後押し

[有料会員限定]

1994年、総長補佐をやってみないかという話が舞い込んできた。持ってきたのは化学工学科のクラスメートで流体力学を専攻する定方正毅教授。彼が、合志陽一工学部長から打診されたものの、「僕には絶対むり。小宮山が適任だ」といって譲らない。

東大の総長補佐は通称、御家人と呼ばれる。各学部から若手の教授が1人ずつ、計10人が選ばれる。総長、2人の副学長と協力し大学を運営する。企業でいうとさしずめ幹部候補生とい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1148文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

小宮山宏

三菱総合研究所理事長の小宮山宏さんは2005年から4年間、東大総長を務めました。学問の世界に閉じこもることなく、専門の工学を社会の課題解決に生かそうと奮闘してきた行動派の学者です、化学、医工連携、そして地球環境問題と学際的な探究を続け、大胆な東大改革にも取り組みました。果敢な挑戦を続けたその歩みをたどります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン