/

この記事は会員限定です

格差・環境・巨大IT対応急げ コロナ後の税制改革

森信茂樹 東京財団政策研究所研究主幹

[有料会員限定]
ポイント
○金融所得が多い層に限り税率引き上げを
○環境対応へ国際水準の炭素税導入が必要
○日本もデジタルサービス課税の方策探れ

コロナ禍は経済社会を大きく変えた。ある程度収束しても、ライフスタイルや消費行動、価値観に与えた変化は元に戻ることはないだろう。また国の役割に対する期待もより大きなものになった。こうした社会思想の変化は、公共サービスの財源を調達しつつ所得再分配機能を担う税制のあり方に大きな影響を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2637文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン