/

この記事は会員限定です

誓願 マーガレット・アトウッド著

権力へ立ち向かう女性たち

[有料会員限定]

女性衆議院議員が性暴力被害者をめぐる議題で「女性はいくらでも嘘をつけますから」と発言した時「あ、ギレアデ共和国だ」と思った『侍女の物語』ファンは多いのではないか。

「産む機械」として政府高官に仕える「侍女」のサバイバルの舞台、ギレアデは男尊女卑のファシズム国家だ。女性は財産を持つことが許されず、支配階級の妻でなければ、他人のために子供を産むか、権力に加担するか、寿命を縮めて過酷な労働に従事するか、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り723文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン