/

この記事は会員限定です

大阪都構想が残した課題 大都市制度改革、現状基本に

辻琢也 一橋大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○複雑な大都市制度改革の意義の理解難題
○抜本改革より現状連続的な政策配慮必要
○高齢者にもやさしいデジタル化を進めよ

11月1日に「大阪市を廃止し特別区を設置することについての投票」が実施された。即日開票の結果、大阪市廃止・特別区設置(大阪都構想)が僅差で否決され、現行の大阪市が存続することで決した。

実現一歩手前まできた大阪都構想は、大都市自治のあり方を根幹から変革しようというものだっただけ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2632文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン