/

コロナ下のラグビー応援は… 中継見ながら「投げ銭」で

NTTコム、アプリで導入

NTTコミュニケーションズは同社のスポーツ観戦アプリ「SpoLive(スポライブ)」で試合中継とギフティング(投げ銭)のサービスを本格的に始める。同社のラグビー部「シャイニングアークス」の12月~来年1月の練習試合5試合で実施。1月開幕のトップリーグ(TL)での一部導入も検討する。

スポライブは試合速報や選手のメッセージなどを提供するアプリ。今回は中継動画を見ながらギフティングできる機能を追加した。

ファンが選手やチームにデジタルギフトを贈ると、その価値に応じた金額が支援される仕組み。ギフトや応援メッセージは他の利用者にも表示されるため、ファンの交流にもつながる。

試合中継を見ながらギフティングできるアプリは少なく、自社のチームの試合への導入は異例。シャイニングアークスの今季の練習試合は無観客だが「コロナ下の新しい応援スタイルになり得る。目に見える形で応援してもらうことで選手のモチベーションも高まる」と内山浩文ゼネラルマネジャーは期待する。

TLは2022年に新リーグに移行。チームは収益の多角化を求められることもあり、他チームでもスポライブの導入が検討されているという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン