/

この記事は会員限定です

米外交転換、世界変わるか

タイラー・コーエン氏/蘇浩氏/千英宇氏/デボラ・エルムス氏

[有料会員限定]

米大統領選で当選を確実にした民主党のバイデン前副大統領は政権移行に向けて準備を急いでいる。バイデン氏は「トランプ外交」から国際協調路線に大きく転換する方針だが、すべてが4年前の状況に戻るわけではない。今回の選挙結果を受け、世界はどのように動き始めるのか。各国の識者に聞いた。

◇  ◇  ◇

国際秩序、単純な解はない 米ジョージ・メイソン大教授 タイラー・コーエン氏

多くの国では、米大統領選を国のあり方を問う国民投票だと見ていただろう。米国の有権者は二極化に向かうことを拒んだ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3858文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン