逆境から生まれたアート(7) エドヴァルド・ムンク「スペイン風邪をひいた自画像」
アート・エデュケーター 宮本由紀

美の十選
2020/11/11付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

コロナ禍の比較対象として引き合いに出されるスペイン風邪にかかり、療養中の自らの姿を描いたムンクの自画像である。目を引く苦しげに大きく開いた口。誰もが知る「叫び」を連想させる。

"恐ろしさに震えながら、僕は大自然を貫く終わりのない叫びを感じた"。ムンクは「叫び」についてこう書いている。二十数年後の1919年、今度は、自分は生きるのだ、という"心の叫び"を、まるで開けた口から吐き出すかのように描いて…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]