/

この記事は会員限定です

逆境から生まれたアート(7) エドヴァルド・ムンク「スペイン風邪をひいた自画像」

アート・エデュケーター 宮本由紀

[有料会員限定]

コロナ禍の比較対象として引き合いに出されるスペイン風邪にかかり、療養中の自らの姿を描いたムンクの自画像である。目を引く苦しげに大きく開いた口。誰もが知る「叫び」を連想させる。

"恐ろしさに震えながら、僕は大自然を貫く終わりのない叫びを感じた"。ムンクは「叫び」についてこう書いている。二十数年後の1919年、今度は、自分は生きるのだ、という"心の叫び"を、まるで開けた口から吐き出すかのように描いてい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り341文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン