/

この記事は会員限定です

国際ルール形成に注力を

柳川範之 東大教授

[有料会員限定]
ポイント
○サイバーとリアルの融合見据えた戦略を
○潜在シェアが規格獲得競争の命運を握る
○官民で縦割り打破と共通規格作り進めよ

コロナ禍の影響もあり、デジタル化の重要性が急速に増している。今後、大きなポイントとなってくるのは、デジタルと製造の融合、あるいはサイバー空間とリアル空間の融合だろう。その際の大きな課題は、いかに世界的な規格競争あるいはルール競争に対処するかだ。

規格やルールに関する国際標準の獲...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2519文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン