/

この記事は会員限定です

中島浩一郎氏(17) 多品種生産ライン新設

銘建工業社長 「宝の山」を創り出せ

[有料会員限定]
 2000年に岡山県勝山町(現真庭市)の本社工場内に集成材の新たな量産ラインを完成させた。

オーストリアの合弁会社ラムコを通じて、欧州最大の林産業ストラエンソとの協力関係が確認でき、梁(はり)桁材の集成材販売は伸び始め、現地工場も量産に動き出しました。

ただ、欧州から運ぶ部材だけではさまざまな需要に対応しきれません。多品種生産をなんとか本社工場で実現しようと考えました。それには工場も複雑になり、相...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り983文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の初割実施中!

詳細はこちらから

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン