/

この記事は会員限定です

問題解決の実行計画を デジタル庁創設の課題

田中秀明 明治大学教授/廉宗淳 明治大学兼任講師

[有料会員限定]
ポイント
○行政IT化は計画ばかりで実施が進まず
○韓国は専門家重用とシステム統合で成功
○公務員の人事と文化を根本から改革せよ

菅義偉内閣はデジタル庁の新設を掲げた。その姿勢は評価するが、組織をつくっても機能するとは限らない。IT(情報技術)戦略は歴代の政権が重要課題として取り組んできたが、成果は芳しくない。問題の根源と課題を考える。

政府は2000年のIT基本法を出発点として様々な戦略や計画を作り、マ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2511文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン